b o y a k

 

 

 

 

 

ぼやき

 

日々のなかで 感じたこと 気づいたこと 様々

 

時に苦味、毒っ気のあることも

 

残したり、消したり

 

こころのメモ 

 

 

 進化と退化は、常に共にある

 

      2016 . 11 . 01.mon 13:42

この世界を知りたいと思うのは、ごく自然なこと。だって、今この世に生きているのだから。

      2016. 11 . 03 . wed 14:08

人がだいすきです。

綺麗なところも、時に醜いところも。矛盾だらけの生き物。だいすきです。

      2016. 11. 07. mon 12:42

「 普通 」は、一番難しくて、一番儚く、そして一番美しい。

      2016. 11 . 07 . tue 16 : 09


昔 誰かが、月を長く見つめると

魂が吸い込まれる、と言った

それから随分と 眺めることをなんとなく避けてしまっていたけれど、

最近はなぜか平気に夜空を見上げる

なにかの覚悟だったのか

美しいものは、やはり美しかった 

      2016 . 11 . 17.thu 17:11

ちょうどいい、を

ずっとずっと追い求めていきたい。

 

      2016 . 11 . 17.thu 21:44

「 闇雲 」

闇の中に、雲が在る と書く

月明かりがうっすら雲間から覗くのか、

闇の中にいながら

雲を認識できるらしい

もしも手元が見えるのだとしたら

そこから抜け出せるだけの猶予はあるに違いない

本当の闇は、僅かな光でさえ飲み込んでしまうのだから

       2016. 11. 30. wed 16:08

 

自由と放埓

      2016. 12. 17. sat 11:19


あと◯日しか生きられない愛する人。

自分なら余生 何をしたいか、よりも当人へ何をしてあげられるか、

の方が難しいのだと知った

      2017 . 1 . 11.wed 22:32

流れているのは、時間ではなく人だと

...誰かさんの言葉より。

 

      2017 . 1 . 24.tue 09:59

「正解」の実体を問う機会が、この頃とても多い。

旅の先々、身近な人が口を揃えて。

そこで全員一致するのは、必要性があるのかということ。

皆 県を跨ぎ、時間差で討論している。私はそこに立ち会い頷き、意見を交わす。実に貴重な場に遭遇している。

        2017 . 2 . 22.wed 12:44

人という生き物に「1+1=2」は成り立たない。

ただ、0にでも、−、2、100、億にでもできてしまうことは

無限の可能性であり、脅威でもある

        2017 . 2 . 22.wed 12:50


 

旅を続けることで、伝えられるものがあります。

 

知らなかった地球の顔

懐かしい風景

知っていた筈の事実

埋もれそうな過去や現在

光は届くか否かの未来

 

それらに出会い多くの一瞬一瞬を

いつまでも長く 長く、

伝えていかなければいけないと

まるで使命のように感じるのです

         2017 . 6 . 1.thu 12:50

 

耐え忍ぶことの勇気

        2017. 6 .6.tue 16:07

 

チカチカ キラキラ バァッと

粒々 網 細かい

流れるような、漂うような

赤  他の色もあるかもしれない

 

物心ついた頃から、私の視界に広がっています。幼い頃は細菌やウイルスが視えているのだと。

大学時代にそれは他人と違うと初めて知りました。

日常生活に何ら問題はありません。

” 普通 ”は人それぞれ異なる形をしていて、それが当たり前であっていいのだと思います。

       2017.6.14.wed 13:02

 

群馬県民になり10日ほど経つ

曇りの日が続く

日が差せば、影は落ちるのに

久しく青を見ていない

あやふやにさせる灰の空

ここにいることも、

そうであったことも

        2017.8.23.wed 12:10